確定申告 必要書類 保存期間

Sponsord Link


確定申告した時の必要書類の保存期間は義務付けられています

確定申告の為に作成した帳簿や決算書などは、細かい領収書などを含めると、毎年どんどん増えて行きますね。
収納スペースのことを考えると終わった物ですし、邪魔物扱いをして、つい捨ててしまいたくなりますが、それは絶対にしてはいけません。
実は、確定申告においては、帳簿を備え付けてその取引を記録するとともに、その帳簿と取引等に関して作成又は受領した書類を一定期間保存するよう定められているのです。
これは、記録保存制度といい、帳簿や書類を5年間(記帳制度適用者が記帳制度に基づいて作成した帳簿については7年間)、納税者の住所地や事業所などの所在地に整理して保存する決まりになっているのです。

 

確定申告の必要書類、保存期間と保存方法

 

保存期間

5年間保存が必要なもの

  • 証ひょう類・・・納品書、見積書、注文書、契約書など

 

7年間保存が必要なもの

  • 帳簿類・・・総勘定元帳、仕訳帳、現金出納帳、手形帳、売掛帳、買掛帳など
  • 決算書類・・・損益計算書、貸借対照表、棚卸表など
  • 証ひょう類・・・領収書、請求書、預金通帳など

 

保存方法

帳簿書類の保存方法は、紙による保存が原則です。
従って、電子計算機で作成した帳簿書類についても、原則として電子計算機から印刷した紙で保存しておかなければなりません。
しかし、一定の要件を満たすことでマイクロフィルムによる保存ができたり、あらかじめ所轄税務署長に申請書を提出し承認を受けることで、サーバ・DVD・CD等電磁的記録での保存が可能ですので、詳しくは税務署に問い合わせてみるとよいでしょう。

Sponsord Link