確定申告 必要書類 源泉徴収

Sponsord Link


確定申告に必要書類として添付する源泉徴収票って何?

源泉徴収とは、会社が社員の給料から所得税を天引きして国に支払った税金のことをいいます。
源泉徴収票を見ると、所得税という欄がありますが、これが源泉徴収です。
この源泉徴収は所得税の仮払のことで、サラリーマンの場合、1年間の収入を予想し、収入金額と扶養家族数などを考慮し計算した金額を、所得税として毎月の給与から天引きされます。
そして源泉徴収票を見れば、1年間の収入と支払った税金が明確になるのです。
確定申告は、この予想した税金と実際に支払った税金との帳尻合わせをすることです。

 

確定申告の際、必要書類として源泉徴収票を添付する必要はある?

源泉徴収票は、実際にいくら年収があり、それに対していくら税金を納めたかの証明書ですので、確定申告の際には最も重要な必要書類です。
もし、源泉徴収票がなかったり、紛失してしまった場合は、次のような方法で入手することが可能です。

 

  • 勤務している会社で再発行可能です。
  • すでに退職している場合でも発行してくれます。
  • 住民税を納めている市区町村の役所ですぐに発行してくれます。

 

退職した場合も、源泉徴収票など必要書類を添えて確定申告が必要

年の中途で退社したときにも源泉徴収票は渡されますが、この時点では退社までの給与額、徴収税額、社会保険料が記載されているだけで年末調整はされていません。
次の新しい会社に提出して、合わせて年末調整をしてもらうか、自分で確定申告をして年税額を精算したほうが還付される可能性があります。

Sponsord Link