確定申告 必要書類 株

Sponsord Link


あなたは株の確定申告が必要?保管する必要書類とは?

最近は、インターネットなどを使って、少ない金額で株を売買できたり、スマホの普及で外出先でも株の値動きを見られるようになり、以前よりも気軽に株取引ができるようになりましたね。
株を売って利益が出たときや、配当金をもらったときは税金がかかりますが、一般的には源泉徴収されているので必要ありません。
しかし確定申告をすると配当控除の適用を受けられたり、株や投資信託の損失と損益通算ができるようになります。
配当控除か損益通算のどちらか1つだけ選ぶことができるのです。
まずは自分は株で確定申告をする必要があるのかどうかを確認していきましょう。

 

確定申告が不要な人

  • 証券会社の口座が「特定口座 源泉徴収あり」の場合
  • 「源泉徴収なし」を選択している場合でも、給与が 2,000 万円以下で売却益が20万円以下という場合

 

これらに該当しない方は、確定申告の必要があります。
株の確定申告に必要書類は、国税局のホームページからダウンロードすることもできますが、こちらで詳しく見て行きましょう。

 

株の確定申告は必要書類を揃え賢く申告!

株の確定申告をすることで、所得税の還付が受けられるケースは、特定口座で「源泉徴収あり」を選択していて、利益が所得控除の範囲内の金額の場合です。
収入がその配当金しかない、例えば無職の方や専業主婦の方でも、確定申告をすると税金戻ってきます。
ただし専業主婦の方は申告する金額によって、扶養から外れ、次年度から社会保険料などを別に徴収される可能性もありますので、よく計算してから申告したほうが良いでしょう。

 

確定申告に必要な書類は、以下のものです。

  • 確定申告書
  • 株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書

 

取引報告書は特に義務付けられていませんが、税務署から詳細について説明を求められた場合に必要になるかもしれませんので、大切に保管しておきましょう。

 

申告期間は、2月16日から3月15日ですが、還付申告書は2月15日以前でも提出できます。

Sponsord Link