確定申告 必要書類 住宅売却

Sponsord Link


住宅売却による譲渡所得の確定申告と必要書類について

マンションや家屋などを住宅を売却した場合は、所得税の確定申告をしなけらばいけません。
しかし住宅売却による所得は、他の給与所得などとは合計せず、分離して課税します。
確定申告をすることで、住宅を売ったときの利益に応じて、税率を軽減してくれる特例が受けられますので、ぜひ申告をお勧めします。
一般的に、土地、建物、株式、ゴルフ会員権などの資産を譲渡することによって生ずる所得を譲渡所得といいます。
譲渡所得は、下記の計算式に当てはめて、プラスとなった場合に所得税と住民税が課税されますので試してみましょう。

 

課税譲渡所得金額=住宅売却価格−(取得費+譲渡費用)−特別控除額(一定の場合)

 

確定申告の際の必要書類

  • マンションを売ったときの売買契約書
  • マンションを売った時の領収書(仲介手数料、収入印紙など)
  • 給与の源泉徴収票
  • 除票住民票

 

 

住宅売却後の確定申告のときの特例と必要書類

マイホームを売って譲渡益がある場合は、特別控除などの特例があります。
また、譲渡損失がある場合は、損益通算や繰越控除ができる特例があります。
自分が住んでいる家と敷地を売ったときや、以前に住んでいた家と敷地を住まなくなってから3年後の12月31日までに売ったときなど、一定の要件を満たす場合には特例が受けられます。

 

特例の適用を受けるために必要な書類

  • 住民票(除票)の写し
  • 売却したマイホームの登記事項証明書、売買契約書の写し、住宅借入金等の残高証明書(譲渡契約締結日の前日のもの)

Sponsord Link