確定申告 必要書類 アルバイト

Sponsord Link


アルバイトでも確定申告は必要なの?その際の必要書類は?

アルバイトをしている方で、お給料の明細表を良く見ると、所得税という欄があるのをご存じでしょうか。
ここに金額が記されている場合、みなさんが手にするバイト代からは、所得税という税金が勝手に天引きされています。
しかし、年収が103万円以下の場合は、実は所得税はかからないのです。
所得税は、月収を基に年収を計算し、税額表にあてはめて予測されたものが、所得税として徴収されますので、実際には年収はもっと安い場合があるのです。
年収が103万円以下の方や、途中でアルバイトを辞めてしまった、短期のアルバイトしかやっていない、といった方は、確定申告をすることで天引きされた所得税が還付されるかもしれません。
そして、確定申告の際に必ず必要な書類が、源泉徴収票です。

 

アルバイトの確定申告での必要書類

アルバイトの確定申告での必要書類は以下のとおりです。

  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 生命保険料控除証明書
  • 銀行口座と印鑑

など。

 

確定申告を行う際の必要書類として、確定申告書が必要になります。
確定申告書は税務署でも配布されていますし、税務署のホームページからダウンロードも可能です。
申告書は仕事内容によって種類が異なります。
これ以外に確定申告時に必要となる必要書類は源泉徴収票、保険に加入している場合は生命保険料控除証明書などが必要書類となります。
源泉徴収票は、年収と支払った税金額が明記されている書類ですので、必ず保管しておいてください。
手元に無い場合は、勤務先に問い合わせれば用意をしてくれます。
紛失した場合も、再発行が可能です。

 

確定申告の期間は、2月16日から3月15日の1ヶ月間です。
早めに行けば、空いているので係りの人も丁寧に教えてくれます。

Sponsord Link