確定申告 必要書類 医療控除

Sponsord Link


医療費が多額になった年は、必要書類と共に医療控除をしましょう

この1年間、医療費が多くかかってしまったという場合は、確定申告の医療費控除を申告することで所得の一部から税金控除してくれる制度があります。
目安としては、使った医療費が10万円を超えていたら医療控除申告の準備をしましょう。医療控除は、たとえ健康保険証が別々でも家族であれば医療費に合算できますので、自分だけでなく配偶者や子供の分も合計して申告できます。
申告できる医療費は、実際に病院に支払った医療費だけでなく、病院に行くためにかかった交通費も合算できますので、必要書類として病院の領収書と共に交通費のレシートや領収書は大切に保管しておくと良いですね。

 

医療控除の対象となる医療費は次のとおりです。

  • 医師又は歯科医師による診療又は治療費用
  • 治療又は療養に必要な医薬品の購入費用
  • 治療を目的としたマッサージなど施術の費用
  • 助産師による分べんの介助の費用

などです。

 

医療控除の計算式はこうなります。
医療控除額=1年間に支払った医療費−保険金などで補てんされる金額−10万円

 

医療控除額は最高200万円です。
もし確定申告を忘れてしまった場合でも、過去5年以内であればさかのぼって還付が受けられます。

 

医療控除確定申告の必要書類

医療費控除を受けるためには、下記の書類が必要です。

  • 申告書A様式
  • 診療、治療などを受けたことを証明する領収書等

 

証明書類は必ず添付するか提示することが必要ですので、一枚一枚保管しておきましょう。

Sponsord Link