確定申告 必要書類 ダブルワーク

Sponsord Link


ダブルワークの確定申告を上手に乗り切るには?必要書類は何?

サラリーマンの場合、1年に1回年末調整が行われ所得税が確定します。
ダブルワークをしている場合、副業収入が年間20万円以下であれば申告は必要ありません。
しかしそれを超える場合は、申告する義務が生じます。
給料の収入+ダブルワーク収入−控除額=合計所得、となります。
副収入がある場合は全てダブルワークですので、ネットオークションなどで利益を得た場合にも申告の対象となります。

 

副業収入は通常「雑所得」となり、副業収入から経費を引くことができますが、交通費、資料代、文房具などの消耗品、通信費程度で、引ける経費はそれほど多くありません。
そこで上手に利用したいのが、青色申告です。
青色申告はサラリーマンはできませんが、副業を行なっている場合は利用する事が可能です。
例えば、ダブルワークとして不動産収入がある場合は「給与所得+不動産所得」、インターネットでのビジネスの収入がある場合も「給与所得+副収入」となり青色申告が可能です。
青色申告は、最大で65万円の税金控除ができるので、とてもお得感がありますね。

 

ダブルワークをしている人の確定申告必要書類は

確定申告に必要な書類一覧は以下の通りです。

  • 全ての収入源からの源泉徴収票
  • 副収入を証明する支払調書(銀行の通帳など取引を証明できるものでも可能)
  • 所得の内訳書(副業の収入と出費を記入します)
  • 副収入を得るために支出した費用を証明できる領収書

などです。

 

ちなみに、副業を会社に内緒にしたいときは「住民税の徴収方法」の欄にある「普通徴収」に○をつけます。
後日、自宅に振り込み金額の記載された住民税の納付書が届きます。

Sponsord Link