確定申告 必要書類 fx

Sponsord Link


fxで利益や損失がでたら、必要書類を添えて確定申告に行きましょう

fx取引におけるスワップポイントを含む実現損益は、雑所得または事業所得として申告分離課税の対象になります。
これは、所得額に関係なく一律20%(所得税15%+住民税5%)の税率で課税されます。
つまりfxで得た利益に対しては税金が課され、原則として確定申告が必要となるのです。しかしfx取引において所得金額が損失となった場合には、確定申告を行うことで、翌年以後3年間にわたる「先物取引に係る雑所得等」の金額から控除することができますので、利益が出ても損益が出ても、確定申告をしましょう。
原則として、年収が2,000万円以下の会社員で、給与所得以外の所得が20万円以下の場合には確定申告をする必要がありませんが、損失の繰越控除の適用を受けるためには、継続して確定申告を行う必要があります。

 

fxの確定申告における必要書類

一般的に確定申告で提出する書類は以下となります。

 

税務署で記入する書類

  • 先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書
  • 申告書B表(第1表、第2表)
  • 申告書第3表(分離課税用)

 

自分で用意する書類

  • 源泉徴収票(会社員の場合)
  • 年間収支報告書
  • 経費等の領収書

 

また、損失繰越控除を受ける場合には、上記の他に「申告書付表(先物取引に係る繰越損失用)」が必要です。
年間収支報告書は業者のホームページから作成してダウンロードすることができますので、検索してみるか業者に問い合わせてみましょう。

Sponsord Link