確定申告 必要書類 募金

Sponsord Link


募金をした人は必要書類を確認して、確定申告に行きましょう

募金やお金を寄付した人は、確定申告すると寄付金控除を受けることができ、税金が安くなる場合があります。
寄附金控除とは、個人が公益団体に対して寄付した場合に所得税や住民税のうち、寄付した額について所得控除あるいは税額控除を認める制度のことを言います。
東日本大震災を受けて、義援金を一時的なものにとどまらず、今後も継続的に行ってもらいたいという想いから、昨年度から被災地支援として寄付金控除が拡充されました。
これら募金や寄付金を行った人の確定申告と必要書類について見て行きましょう。

 

確定申告ができる募金とできない募金、必要書類は?

実は寄付金控除には、控除が受けられるものと受けられないものがあります。
個人の方が義援金等を支出した場合には、その義援金が「特定寄附金」に該当するものであれば寄附金控除の対象となります。
特定寄附金には、様々なものがありますが、主に国や地方公共団体に対するもので、2000円以上の寄付をしていれば税金が優遇されて確定申告をすることで一部が還付されます。ちなみに確定申告をする際は送金をした領収書が必ず必要ですので、街頭募金は対象外となります。

 

確定申告で募金控除を受ける流れと必要書類

義援金を寄付金控除扱いにするには、送付先と領収書がとても重要です。
なぜなら、確定申告をする際に義援金を送金したという公的書類が必要となるからです。必要書類は、例えば、領収書や振込受領書、利用明細票、確認画面を印刷したものを保管しておきましょう。
また確定申告期限から3年間は、税務署から書類の提出又は提示を求められることがありますので、破棄せず大切に保管しておきましょう。

Sponsord Link