確定申告 必要書類 不動産売却

Sponsord Link


不動産売却をした場合の確定申告と必要書類について

土地や建物など、不動産を売却した場合、一般的にはその譲渡益に対して税金がかかります。
これは「譲渡所得」とよばれ、他の所得と区分して税金の計算を行います。
確定申告では、この算式を理解して正確に申告書に記載しなくてはなりません。
確定申告の際の必要書類は、申告書B様式、分離課税用の確定申告書、譲渡所得の内訳書などの書類が必要になります。
必要書類のうち一番重要なのが、譲渡所得の内訳書で、まずこれを正確に書くことによって、そのほかの書類もスムーズに作成できるようになります。
不動産売却の確定申告を行うための、必要書類の内訳について次で詳しくご説明します。

 

不動産売却後の確定申告に用意しておく3つの必要書類

不動産売却にも様々なタイプがありますが、いずれにも共通する基本的な書類は以下のとおりです。

 

不動産売却の確定申告において、必要な書類は

  • 申告書B様式
  • 譲渡所得の内訳書
  • 分離課税用の確定申告書

 

この他にも以下の書類が必要になります。

  • 住民票の写し

 

売却時の書類

  • 売買契約書及び領収証のコピー

 

売買契約書(取得時・売却時)に収入印紙の添付が必須。無いものは罰金がかかります。

  • 仲介手数料の領収証のコピー
  • 測量費・登記費用その他売却の時の費用の領収証のコピー
  • 売却後の土地・建物の全部事項証明書(コピーでも可)

 

各種特例の適用を受ける場合、さらに必要となる書類があります。
詳しくは国税庁のページで確認をしてください。

Sponsord Link