パート 確定申告 必要書類

Sponsord Link


パートでも、こんな方は必要書類と共に確定申告をお勧めします

確定申告とは、1年間の収入に対する税金を納付する手続きです。
パートでも給与を貰って所得税が引かれているのであれば、確定申告は必要になります。しかし納付というとお金を取られてしまうイメージがあり、つい確定申告を躊躇してしまいがちですね。
しかし源泉徴収票に記されている支払額が103万円以下であれば、確定申告する事で還付を受けることが可能です。
申告も必要書類さえ揃っていれば簡単に手続きができます。

 

パートで働く人が確定申告によって還付されるかもしれない条件を挙げると

  • パート先で年末調整されなかった場合
  • 年末調整される前にパートを辞めてしまった場合
  • 短期のパートで年末調整がされなかった場合

 

なぜパートでも必要書類を用意して確定申告する必要があるの?

確定申告で納付する税金は所得税です。
この所得税は、パートで給与が支払われる時にあらかじめ差し引かれています。
所得税は年収を予測して計算されているので、例えば数か月しかパートをしていなくても、1年間働いたことを想定して計算されているのです。
しかし実際にはそんなに働いていませんし、各種控除を差し引きがありますので、正確な所得もっと安くなることが多いのです。
パートでも確定申告の必要性があることをご理解いただけたでしょうか。

 

パートの確定申告の方法と必要書類は?

では、具体的にパートの確定申告に必要な書類についてご案内します。
確定申告で一番の必要書類が、源泉徴収票です。
これは年収と支払った税金の額がわかる書類ですので、大切に保管しておきましょう。
手元に無い場合は勤め先で発行してもらい、無くした場合は再発行も可能です。

 

以下必要処理です。

  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 保険料控除証明書
  • 還付がある場合は税金を振り込んでもらう銀行口座の番号と認印

 

パートの人が確定申告の期間は、2月16日から3月15日の1ヶ月間です。
期限が近づくと込み合いますので、早い時期に必要書類を用意して、確定申告の準備をしておくと良いでしょう。

Sponsord Link