所得税 確定申告 必要書類

Sponsord Link


所得税の確定申告と必要書類の基礎知識

確定申告とは、一年間の収入にあわせて税金をいくら払うか計算し、確定させ自主的に申告する納税の制度です。
しかし会社員の場合は、「年末調整」が行われそこで所得税の計算をしていますので、確定申告は不要なケースがほとんどです。
では、所得税の確定申告が必要なのはどんな人でしょう?

  • 自営業
  • マンションの賃貸など、不動産収入がある
  • サラリーマンで次に該当する人
  • 給与の収入金額が2,000万円以上
  • 2ヶ所以上から収入があり、年末調整で所得税が未精算
  • 医療が多額にかかった
  • 新たに住宅の購入や、一定の増改築をし、住宅借入金等特別控除を受けた
  • 生命保険等の控除
  • 退職金受給者で所得税が未精算
  • 年金受給者で所得税が未精算

 

必要書類は、内容によって変わってきます。

  • 給与所得の源泉徴収票(原本)
  • 公的年金等の源泉徴収票(原本)
  • 退職所得の源泉徴収票(原本)
  • 生命保険料控除証明書
  • 地震保険料控除証明書
  • 医療費の領収書(原本)

などですが、ケースバイケースですのでわからない場合は、税務署に問い合わせましょう。

 

所得税の確定申告と必要書類作成に活用したい国税庁のホームページ

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」では、ややこしいと思われがちな確定申告書類も、画面の案内に従って金額等を入力することで、税額などが自動計算され、所得税、消費税、贈与税の申告書や青色申告決算書をスムーズに作成できます。
作成したデータは、e-Tax(電子申告)を利用して提出できますので、税務署に出向く必要もありません。
申告の必要書類である、確定申告書や各種手引きなどは、国税庁ホームページの「確定申告等情報」からダウンロードが可能です。

Sponsord Link