年末調整 確定申告 必要書類

Sponsord Link


確定申告と年末調整の違いは?必要書類は何?

納税は国民の義務です。
しかしせっかく汗水流して稼いだお給料から引かれるものですから、納税についてちょっと勉強してみましょう。
まずは年末調整と確定申告の違いです。

 

年末調整とは
大前提として、お給料からは毎月源泉徴収として所得税が天引きされています。
年末調整は、会社や勤務先が会社員あるいは公務員などの給与所得者に対して1月から12月の1年間に支払った給与や源泉所得税に基づき、12月の最終支払い日にその過不足を調整する仕組みのことです。
年末調整することで納税が完了するので、年末調整をしている人は確定申告をする必要はありません。

 

確定申告とは
個人が1月1日〜12月31日の間の所得すべてを計算して、所得税額を確定し申告する手続きのことを言います。
年末調整は、毎月の給与天引きで源泉徴収され、所得税を前払いしているのに対し、確定申告は報酬を受け取った後の後精算になります。

 

年末調整をしていても必要書類を添えて確定申告が必要になる場合

給与を受け取りながら、他にも収入のある人は確定申告が必要となり、給与分の納税は完了していることの証明として、源泉徴収票を必要書類として提出します。
また、給与年収が2000万円超の人、高額な医療費を支払って医療費控除が必要な人、家を購入して住宅ローン控除を受ける人などは申告すると還付される可能性があります。

 

必要書類は

  • 確定申告書A
  • 給与所得の源泉徴収票
  • 医療費の領収書
  • 医療費控除の内訳書

などです。

Sponsord Link