住宅購入 確定申告 必要書類

Sponsord Link


住宅を購入のタイプによって確定申告の必要書類が違います

住宅ローン控除の適用を受けるには、初年度は確定申告が必要となり、次年度からは年末調整で住宅ローン控除の処理を勤務先が自動計算してくれます。
住宅ローン控除で必要な書類を購入タイプ別に見て行きましょう。

 

住宅のみの場合の必要書類

  • 住宅取得資金にかかる借入金の年末残高証明書
  • 登記簿謄本または抄本
  • 住民票の写し
  • 源泉徴収票
  • 建物の売買契約書
  • 工事請負契約書の写し

 

住宅と敷地の場合の必要書類

  • 土地の登記簿謄本または抄本
  • 土地の売買契約書の写し
  • 住宅取得資金にかかる借入金の年末残高証明書
  • 登記簿謄本または抄本
  • 住民票の写し
  • 源泉徴収票
  • 建物の売買契約書
  • 工事請負契約書の写し

 

増改築の場合の必要書類

  • 増改築後の建物の登記簿謄本または抄本
  • 増改築後の工事請負契約書の写し
  • 建築確認通知書
  • 検査済証
  • 増改築等工事証明書
  • 住宅取得資金にかかる借入金の年末残高証明書
  • 登記簿謄本または抄本
  • 住民票の写し
  • 源泉徴収票
  • 建物の売買契約書
  • 工事請負契約書の写し

 

住宅購入後の確定申告の必要書類はe-taxでもOK

税務署に提出する必要書類は多数ありますが、申告書は国税庁のe-taxを利用できます。記入が必要となる書類は、申告書と(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書となります。
計算明細書は事前に作成して提出するだけですし、郵送も可能ですので、手続きは簡単です。
もちろん不明な点があれば、税務署に出向いて指示を仰ぎながらの記入も可能です。

Sponsord Link