医療費控除 確定申告 必要書類

Sponsord Link


確定申告で医療費控除を受けるには、計算式に当てて必要書類に記入

医療費控除は、自分や家族のために支払った医療費が高額になった場合、負担を減らすために所得から医療費の分を差し引いてくれる制度です。
結果的に所得税が少なくなりますので、医療費を多く支払ったと思ったらぜひ申請することをお勧めします。

 

医療費控除の計算式は以下のとおりです。

 

医療費控除額=( 医療費控除の対象になる医療費−保険金等で補てんされた金額)−10万円(総所得200万円未満の人は総所得金額等×5%)

 

となります。
医療費控除の確定申告をする場合は、医療費が10万円を超えたか超えていないかを目安に考えると良いでしょう。
計算に必要となりますので、医療費の明細書は保管しておきましょう。
病院に行くときに使った交通費も対象となります。

 

医療費控除の確定申告作成の為に保管しておきたい必要書類

医療費控除の確定申告では、医療費の明細書という書類を提出します。
その際に、医療費の領収書が必要となりますので、大切に保管しておきましょう。
納税者が医療費を支払った場合、医療費控除は、本人のものだけではなく、同一生計の配偶者や子供、その他親族のものまでまとめて申告することができます。
一緒に住んでいなくても、生計が同じであれば良いのです。
医療費の明細書には、まとめて記入できるので、領収書1枚ごとに転記する必要はありませんが、病院に行った日付や内容はメモしておくと良いでしょう。
また、医療を受けた人ごとに細かくまとめておきましょう。
医療費の明細書はe-Taxを使い、国税庁のホームページからダウンロードが可能で、そのまま入力もできますし、手書き作成を希望される方は、pdfファイルが用意されています。

Sponsord Link