不動産所得 確定申告 必要書類

Sponsord Link


不動産所得が発生した場合、確定申告や必要書類はどうするの?

不動産所得の確定申告とは、マンションやアパートなどの賃貸を行っていて、家賃収入が発生した場合の収入を「不動産所得」として税務署に申告することです。
不動産所得の他に給与などの所得がある人は、すべての所得を合算して確定申告をする必要があります。
不動産所得の確定申告の方法や添付する必要書類についてご紹介致します。

 

不動産所得の確定申告と必要書類について

会社でお給料をもらいながら、マンションの賃貸、駐車場を貸して入る所得、自宅を人に貸して入る所得などは不動産所得となり、その金額が20万円を超えると確定申告をする必要があります。

 

「不動産収入」−「必要経費」=「不動産所得」
「給与」+「不動産収入」−「必要経費」=「不動産所得」
「不動産所得」>20万円 → 確定申告をする必要あり

 

一般的に必要とされる添付書類はこちらです。

  • 賃貸収入が入金された1年間の通帳取引やそれに関連する必要経費を証明できる書類
  • 修繕費・固定資産税・借入金利子などがわかる書類、領収書
  • 不動産賃貸借契約書
  • 同じ建物内に自宅と賃貸部分が共にある場合には按分割合のわかる書類
  • 健康保険の支払い証明書
  • 年金の支払い証明書
  • 地震保険料控除証明書
  • 生命保険料控除証明書

 

不動産所得の確定申告と必要書類、こんな場合は注意です

必要経費のうち、賃貸物件に新しい設備や機能を付加して不動産価値を高めるもの、例えば新機能付きのシステムキッチンや交換などの場合は、リフォーム費用は経費ではなく、物件の取得原価と見なされて「減価償却費」の対象となりますので、注意が必要です。

Sponsord Link