個人事業主 確定申告 必要書類

Sponsord Link


個人事業主の確定申告で提出する必要書類はこれだけです

自営業を営む個人事業者(個人事業主)の青色申告は、面倒なように思われますが、必要な書類は以下の2つだけです。

  1. 「個人事業の開業・廃業等届出書」
  2. 「所得税の青色申告承認申請書」

 

@の書類を提出すると、正式に個人事業主になれます。
個人事業主が青色申告をする場合は事前に申請が必要となりますが、それがAの所得税の青色申告承認申請書です。
この書類を提出すると、青色申告で確定申告ができます。
青色申告には税金の控除など様々な特典があります。

 

個人事業主の確定申告で参考資料として保管しておく必要書類はこれです

確定申告の際に、提出したり添付する必要はありませんが、参考資料として保管しておかなければならない必要書類はこちらです。

  • 領収書
  • 請求書
  • 元帳・現金出納帳・預金通帳等の帳面類
  • 決算書

 

これらの資料は、記録保存制度といい、帳簿や書類を5年間(記帳制度適用者が記帳制度に基づいて作成した帳簿については7年間)、納税者の住所地や事業所などの所在地に整理して保存する決まりになっています。
保存義務がありますので、廃棄しないように注意してください。
給与所得者と同様に医療控除などの控除証明書類も必要です。

Sponsord Link