確定申告 必要書類 自営業

Sponsord Link


自営業の確定申告と必要書類について、青色?白色

自営業者で所得を得た方の確定申告は青色申告を行います。
青色申告は事前に届出が必要です。
青色申告の届出は青色申告をしたい年の3月15日までか、開業から2ヶ月以内と決められています。
青色は税制上の特典は多いですが、開業したばかりの方でしたら、白色申告の方が手続きは簡単かもしれません。
申告に行ったついでに次年度用に青色申告の届出をしておくと良いでしょう。

 

自営業が確定申告する上での必要書類は?

自営業者は、1年間に得た所得はその年の総収入金額から必要経費を控除して計算されます。
定められた期限内に確定申告を行わないと、無申告扱いとなりペナルティを受ける場合があるので注意しましょう。

 

自営業者が確定申告をする場合は、最大で65万円の控除が受けられる青色申告がおすすめです。
自営業の確定申告の書き方として、源泉徴収額・雑所得・事業専従者・各種控除により支払った金額、扶養親族といったような内容を細かく記入し、医療費控除・国民年金保険料といった支払いがある場合は、所得から差し引いて計算されます。

 

必要書類

  • 青色申告書
  • 青色申告決算書

 

必要な決算書

  • 損益計算書
  • 貸借対照表
  • 月別売上金額などの計算書
  • 減価償却費などの計算書

 

レシートや伝票などは、提出の義務はありませんが、帳簿を付ける上で必要です。
何か疑義があった場合はあとで提出を求められることがありますので、しっかりと保管しておきましょう。

 

自営業者の確定申告は2月16日から3月15日の1ヶ月間におこなわれます。
期限間際は込み合いますので、早めの手続きをお勧めします。

Sponsord Link